つばきもとブログ

顎の骨が少ないとインプラント手術は受けられないの?

2017年9月4日 (月)

藤井寺市にある歯医者の椿本歯科医院です。インプラント手術を行うときにはまず顎の骨の分量を確認する事が重要だと言われています。インプラント手術は骨の内部に人口の歯根を埋め込む手術なので、顎の骨が壊れて少なくなってしまうとインプラント手術ができない事があります。

 

顎の骨は成長とともの大きくなり、歯の根を支えるのに十分な分量の骨が出来上がります。しかし、加齢や歯周病や外傷等で歯を失ってしまうと顎の骨は徐々に減少してしまいます。顎の骨が減少してしまうとインプラントを埋め込むために必要な骨の量を確保する事ができなくなってしまいます。下顎の骨の中には下歯槽神経という神経が通っていて、インプラントを埋め込むときに神経にダメージを与えてしまうと下顎の感覚が失われてしまいます。このため、人によっては入れ歯などの選択肢を迫られることになってしまいます。また、下顎の周囲には舌動脈という動脈が通っていて、インプラントの治療のときに傷つけないように気をつけなければなりません。

 

インプラントの治療を行うときには様々な事に注意しなければなりません。顎の周囲には大切な神経と動脈が通っているので、どうしても治療の前に入念な検査を行わなければなりません。インプラント治療ではCTの撮影をする事が求められるケースも増えています。しっかりと治療ができるようにするためにも十分な検査設備のある病院で治療を受けるように心がけましょう。


カテゴリー: 未分類

アクセス・診療科目 Access / Schedule

椿本歯科医院

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-8-9 DH8ビル3F

ご予約 お問い合わせ 072-938-7540

診療時間 9:30-12:30/14:00-19:00 土曜は17時まで
休診日 木曜・日曜・祝日