つばきもとブログ

インプラント手術時は痛くないのでしょうか?

2017年9月1日 (金)

藤井寺市にある歯医者の椿本歯科医院です。インプラント治療を行うときには歯茎を切開し、骨を露出し骨の内部にインプラント本体を埋め込みます。このように人口の歯根を顎に取り付ける事で取り外しの必要のない歯を作れるのがインプラントの魅力ですが、実はこのおインプラント治療には痛みについての対処がどうしても必要になるのです。インプラント手術に伴って起きる痛みはしっかりと麻酔をする事で取り除くことができます。インプラントの麻酔について理解をしてみましょう。

 

インプラントの治療ではまず局所麻酔を用いることが一般的な選択肢です。局所麻酔薬は注射によって歯茎に薬剤を投与し、顎の骨の周囲の歯茎に薬液を浸透させます。薬液を十分に投与すると骨の表面の膜である骨膜にまで麻酔をしっかりと書ける事ができるので、強い痛みを感じなくても済みます。このような局所麻酔で痛みが十分に除去できない場合には伝達麻酔という方法を利用します。伝達麻酔では顎の奥の方にある筋肉と筋肉の間にある下顎神経という神経に麻酔薬を作用させる麻酔法で、神経の根元から広い範囲の痛みを除去します。

 

藤井寺市にお住いの多くの患者さんがインプラント手術を経験されていますが、麻酔について十分な理解のある方はごく一部かもしれません。インプラント治療に伴う痛みや不安は麻酔によってコントロールする事ができます。痛みの除去以外にも不安感の除去を行う事もできるので、麻酔について不安がある方はぜひ一度歯科医師と相談をしてみましょう。


カテゴリー: 未分類

アクセス・診療科目 Access / Schedule

椿本歯科医院

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-8-9 DH8ビル3F

ご予約 お問い合わせ 072-938-7540

診療時間 9:30-12:30/14:00-19:00 土曜は17時まで
休診日 木曜・日曜・祝日